日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
再読する漫画
小説は再読しないのだけれど、漫画は数年に一度読み返してしまう作品がいくつかある。
で、今日数年ぶりに読み返したのがこれ。
あらすじは説明しない。
しても正確に伝わりそうもないし、変に誤解されかねないのでしない。
この漫画で描かれる札幌の四季が好きだ。
富良野と言うと、私は北の国からよりも、ラベンダーよりも先に、いつもこの漫画のことを思い出す。

改めて読んで、花屋敷家の人びとは本当にあたたかいな、と思う。
最初に出会ったとき、私は中学生くらいだったと思うけれど、その頃から芙蓉さんが憧れのお姉さんだったなぁと思いながら読んでたら、いつの間にか年齢超えてた・・・。
い、いや、最終巻頃の年齢はまだ超えてない。
それにしても、これを再読するたびに毎回思うのが、葵はどんな子と出会うのだろうなぁということなのだけれど、じゃあその話しを読みたいのかと言われると、そこはそっとしておきたい気分。
芙蓉さんとばあやのエピソードが一番好きだ。

いくらでも重くなりそうな、錯綜した血縁関係をこれほど大らかに描いて、そしてみんなを幸せにして、安っぽくない、嘘くさくないというのは本当に素晴らしいと思う。
続きを読む >>
たまにはバトンでもしてみようかと思う
あまり使わないと思うけれど、「雑記」というカテゴリを作ってみた。
日常のよしなしごとは相変わらず書く気はないし、個人的なことも書く気はないので、本にまつわるあれそれを書きたくなったら使うと思う。

つまり、本のことしか日々考えてない。

*読書バトン(ロングVer.)を拾ってきました。

■ルール
.僖垢呂覆掘
回す人を最初に記載する。
B召防佞餌したい項目がある場合は最後に自分で付け足す。

■回す人
よそとつながりがないサイトなのでお好きに持ち帰ってください。
続きを読む >>