日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『岸辺露伴は戯れない』

【北國ばらっと/他 集英社】

 

スピンオフ短編小説集第二弾。

原作の方が動かないで統一してるのだから、こちらも叫ばないのままでもいいような。今回の戯れないというタイトルもあんまりしっくりしてないけど。そりゃ戯れないよ。仕事だもの。

 

「幸福の箱」 北國ばらっと

 

古美術商が持っていた謎の箱の話し。

叫ばないの時も思ったけど、この作者さんは荒木先生に寄せようと頑張りすぎて比喩とかキャラが小説としてはちょい浮いてる。

露伴、結婚しそうもないけど、女嫌いというわけでもなく、意外とかわいこちゃんに弱かったりするよね。

 

「夕柳台」 宮本深礼

 

杜王町にある住宅街で起こる怪異の話し。

確かに露伴って小学生に防犯ブザー鳴らされそうだよな。

冒頭大人げなさすぎて笑った。

 

「シンメトリー・ルーム」 北國ばらっど

 

大学で起きた殺人事件と、全身シンメトリーの謎の男の話し。

これは漫画で読みたい感じの話しだったな。

センター分けの露伴想像したらだいぶ面白かった。

一番、アクティブな話しでジョジョっぽくてよかったです。

 

「楽園の落穂」 吉上亮

 

伝説の小麦を編集者とその娘と共に取材に行く話し。

露伴と子供という組み合わせ相性いいよね。

やや動機部分がシンメトリー・ルームと似てるんだけど、作者違うのでたまたまかぶったのだろうなあ。

まあでも、牛みたいなモブおじさんに口移しで粥食べさせられそうになる露伴先生がハイライトです。嘘ついてない。

『岸辺露伴は叫ばない』

【北國ばらっと/他 集英社】

 

『岸辺露伴は動かない』の小説版。

4人の作家による5編。

あんまり作家それぞれの個性が出ているという感じはなくて、みんな原作の雰囲気に対して堅実という印象。

ヘブンズ・ドアーの使いどころって難しいなあ。

 

「くしゃがら」 北國ばらっと

同僚漫画家から見せられた規制単語リストに載っていた「くしゃがら」という言葉に取り憑かれていく、という話し。

漫画家岸辺露伴らしい作品。

オリキャラをがんばって荒木風にしてるんだろうなあとは思うけど、小説でやるとちょっと読みにくいなあ。

 

「Blackstar.」

メリーさんの都市伝説風に、写真に写る謎の男が徐々に近づいてくるという話し。

シュールなホラーでいいんじゃないでしょうか。

 

「血栞塗」 宮本深礼

図書館の本の間に、見つけると不幸になるという赤い栞がある、という話し。

司書のキャラもうちょっと怖くできたんじゃ?という気がする。

好奇心の権化の露伴ならではという。

 

「検閲方程式」 維羽祐介

前の話しに続いてまた図書館スタート。今度は大学図書館だけど。

謎の方程式の話し。

細かいことなんだけど、最後の解決を導くためにいつもスケッチブック持ち歩いている露伴に腕にメモ取らせるのはどうかなあと思ってしまいました。

いい話風に終わってよいのではないでしょうか。

 

「オカミサマ」 北國ばらっと

書き下ろし。

お金の取引をなかったことにする「オカミサマ」の話し。

破産直後の露伴が、お金は大事だなって多少は反省するのが偉いところ。

まあでも、露伴にはいつまでも突然山買って破産するような人間であってほしいけど。

 

『厭な物語』
【アガサ・クリスティー 他 文春文庫】

厭な話しばかり集めたアンソロジー。
イヤミス的な厭なオチ系かと思ったら、始めから終わりまでずっと厭な話しというのもあり、いろいろな厭な話し。
内容も内容なのでネタバレしつつ各話しの感想を。

「崖っぷち」 アガサ・クリスティー 訳:中村妙子
クリスティーらしい、じめっといやな話し。
この中では一番軽め。

「すっぽん」 パトリシア・ハイスミス 訳:小倉多加志
子供と母親のコミュニケーション不全。
多分そうなるんだろうな、というオチだけど、そのきっかけのすっぽんが鍋に放り込まれる描写がとてもいや。

「フェリシテ」 モーリス・ルヴェル 訳:田中早苗
このアンソロジーに入っていなかったら、もっとラストに落ち込むことになっただろうけど、厭なオチになるとわかっているので、ある程度の心構えは。
他と違ってリアリティのある厭な話し。

「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」 ジョー・R・ランズデール 訳:盪蛙人拡
一行目からラストに至るまでずっと不快な小説。
意外な結末もどんでん返しもなくただただずっと厭な描写が続く滅入る。

「くじ」 シャーリー・ジャクスン 訳:深町眞理子
村人たちが集まってくじを引く。
このアンソロジーに入っているので、くじに当たった人にはろくなことがないだろうというのはわかるけれど、そこに至るまでの牧歌的な描写がオチとの落差を生む。

「シーズンの始まり」 ウラジーミル・ソローキン 訳:亀山郁夫
短編集『愛』に収録されていたので既読ですが、厭な話しではあるけれどソローキンの中では割とまともな話しのような気もする。

「判決 ある物語」 フランツ・カフカ 訳:酒寄進一
遠くにいるうだつのあがらない友人の話しだったはずが、主人公が父親と話し始めたところから突然の不条理ワールドに。
置いてけぼりのラスト。厭な話しというより不可解な話し。

「赤」 リチャード・クリスチャン・マティスン 訳:高木史緒
『地球最後の男』のリチャード・マシスンかと思ったら息子の方だった。息子も厭な話し書いてるんだなー。
男が拾い集めている赤いものが何かわかった瞬間げっそりする。

「言えないわけ」 ローレンス・ブロック 訳:田口俊樹
殺人犯と妹を殺された男の話しで、男が復讐を遂げるようなすっきりする話しなわけもなく。
ちょっと小洒落てるので厭な感じは薄いかもしれない。

「善人はそういない」 フラナリー・オコナー 訳:佐々田雅子
解説にもあるように「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」みたいな唐突に降ってわいてくる暴力になす術もなく死んでいくという話しだけど、事が起こるまでが平和的なので事件ってこうやって起こるのかな、という気持ちにもさせる。

「うしろをみるな」 フレドリック・ブラウン 訳:夏来健次
解説を挟んでさらに後ろに収録されている作品。読むとその理由がわかる。
タイトルからラストは後ろが怖くなるような話なんだろうなーとは想像がつくけど、メリーさん的なものではなかった。
英語圏で発売した当時に読んだ人はもうちょっとぞっとしたかもしれない。
 
『東と西 2』
 【いしいしんじ他 小学館】

男性作家のアンソロジーです。
東と西の違いはあんまり感じないですけど。
短編の並び順に悪意を感じる。後ろに行くほど後味悪いという。

 
続きを読む >>
『I LOVE YOU』
【伊坂幸太郎 他 祥伝社文庫】

タイトル、ちょっと直球すぎやしないか。
そんなことをちょっぴり思う、人気男性作家6人による恋愛小説アンソロジー。
恋愛小説が苦手なのですが、伊坂がいるので読んでみました。
アンソロは思いがけぬ拾い物があるので好きです。

続きを読む >>
『空を飛ぶ恋 ケータイがつなぐ28の物語』
【新潮社編 新潮社文庫】

小道具としての携帯電話にあまり魅力を感じないし、こんなタイトルなので、高村薫が入っていなければ読むこともなかっただろうなぁと思う一冊。
28人の作家による、携帯電話を扱ったショートショート集。
アンソロジーは、未知の作家さんとの出会いがあるから好きです。

短編にも満たないショートショートなので、若干歯ごたえがない読後感。
字も大きく写真をふんだんに使っているので読みやすいですが、別に読みやすさは求めてないんだけどなー。

28人、28作品全て感想述べるのは面倒なので、しません。

高村薫がこんなライトな文章書けるのかとびっくりしました。失礼!
でもかわいかったです。
あとは重松清、町田康がおもしろかった。
次点、平野啓一郎。

力量も現れるけれど、それよりも作者の趣味センスが如実に出るような気がしますね。この長さは。
なかなか面白い試みでした。
『いま、危険な愛に目覚めて』
【栗本薫選 日本ペンクラブ編 集英社文庫】

ボーイズラブとはまた違った意味で濃い表紙にちょっぴり尻込みますが、自分でレジに持っていったわけではないので良かったなと。
タイトル通り表紙どおり濃いアンソロジーです。
これを読んで気がついたのですが、私はあまり耽美なのは好きじゃないみたいですよ。
谷崎は好きですよ。少年愛的耽美が好きじゃないみたいです。

「片腕」 川端康成
これは前に、『眠れる美女』に収録されていた時に読みました。
感想も書きましたけれど、今読むとあまり感想になってなかったですね…。
娘から腕を一晩借りて、その夜はずっと幻想的な描写が続くのですが、最後、目覚めた一瞬に娘の腕を思わず投げ捨ててしまうのが印象的。
続きを読む >>
『翠迷宮』
【結城信孝編 祥伝社文庫】

女性作家のミステリーアンソロジー再び。
前回も思ったけれど、今回読んでやはり気になる。
なんで、女性作家のミステリーというくくりだけでアンソロが成り立つのか。
もっと限定した条件でアンソロを組むべきじゃないのかしら。
もうね、推理ものだと思って読んだら、ホラーとか、ホラーだと思っていたら推理ものだったとか、そういうフェイントはいらないから。
私はミステリー=推理だと思っているから(思い込みですけど)そうじゃないとなんだか物足りないんです。
あと、女性作家=愛みたいな、そういう固定観念もいい加減やめたらいい。
と思うけど、この中に収録されている話はいかにも、女性作家ですみたいなネタばかりで、うんざりしてきました。
苦手なんです。

もう、ほんっと五條がいなけりゃ読まないな。
続きを読む >>
『紅迷宮』
【結城信孝編 祥伝社】

女性作家ミステリーアンソロジー。
五條瑛がいなければ、絶対に手を出しそうもない顔ぶれのアンソロ。
なんでここに五條がいるのか、不思議なくらいに浮いている。
女性作家はあまり読まない。いや、そうでもないか。
女性作家は苦手な文章を書く人に当たる率が高い。
続きを読む >>
『ミステリ・アンソロジーV 血文字パズル』
【有栖川有栖 他 角川スニーカー文庫】

面子だけ見ると、スニーカー文庫という気がしない、本格的なミステリアンソロジー。
こんな表紙にするならスニーカー文庫で出す意味ってなんなんだろう?角川文庫じゃだめなのか。
私はダイイングメッセージネタはそれほど好きじゃないのですが、麻耶の名前があったらば読まねばな、と。
続きを読む >>