日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『Θは遊んでくれたよ』
JUGEMテーマ:ミステリ

Gシリーズ2作目。
前作読んだのが大昔過ぎて全然覚えてないですが、ミステリなので基本はどこから読んでも大丈夫。

無関係に思われた自殺者の体にΘの文字が書かれているという事件が発生する。
という森ミステリとしては割とシンプルな話し。
解決もかなりシンプルだった。
Gシリーズに入って萌絵ちゃんが脇役に退いた分、大学生のキャラが増えたんだけれど今のところそんなに増える必要は感じないなぁ。

萌絵ちゃんと犀川先生のやり取りが相変わらずで可愛い。
今回ラヴちゃん多めでよかったなー。
『Φは壊れたね』
【森博嗣 講談社文庫】

新シリーズとなる、Gシリーズ一作目です。なんでG?
おいおいわかるかもしれません。

久しぶりに萌絵ちゃんサイドの話しになりましたが、視点は萌絵ちゃんが指導に行っているC大の大学院生が主なので、読んだ印象はVシリーズっぽい。

密室って状況が無理であればあるほど解答を導きやすいよね・・・という典型例。
森ミステリの密室としては、単純すぎたんではないかと。
動機がいまいち理解不能なのはいつものこととは言え、そこんとこ気になる人は不満の残る話しだと思います。
新シリーズの一作目としては、やや不安のあるスタート。
というかこのシリーズ、タイトルがいよいよ恥ずかしいな。

萌絵ちゃんが大人になっちゃったなぁという感慨と、ちょろちょろしてる犀川先生が相変わらずかわいい。
『四季 冬』
【森博嗣 講談社文庫】

森博嗣はどうしてこんなにもコンスタントに作品を出せるのだろうと、ずっと感嘆していたのですが、四季シリーズを読んで得心するものがありました。
大きな一つの流れが最初からできていたんだな、と。一冊一冊独立した物語のように見えて、全て繋がっていたということに気づき、改めて感嘆する思いです。

いつともどことも知れない、四季の視点に戻ります。
二つのシリーズはきれいに収束して、そして四季の中に収まったかの印象。
四季といういのはたった一人の存在であり、またこの世界の全てであったのか。

エピローグで四季がした遊びにどういう意味があったのかはわからないけれど、最後の最後で四季が楽しい、と感じてたことに安堵する。
次のシリーズはどういうつながりを見せてくれるのか、楽しみ。
『四季 秋』
【森博嗣 講談社文庫】

感想に入る前に、夏の感想で林の苗字がどうして○○になるの?ということを書きましたが、林が下の名前だっていうことをすっかり忘れていたための発言でした。
あとでよそのサイトで人物相関図を見て、うあぁぁぁっっ!と本気で叫びました。
なんて頭が悪いんだ、私は。

まあ、そんな勢いで秋です。
S&Mシリーズ、Vシリーズから二組のカップル(?)の視点で語られるので、両シリーズのネタバレを含みます。
続きを読む >>
『四季 夏』
【森博嗣 講談社文庫】

これの感想を書くと必然的に、『すべてがFになる』のネタバレも含んでくるのでお気をつけて。

四季、13歳の夏の話です。
Fを読んだときに、四季という人物が叔父と関係を持ってしかも子どもを産むということが、なんだか想像できなかったというか、しっくりこなかったのですがこれを読むと、四季と清二の関係に納得がいった。
きれいで、悲しくて、そして恐ろしい四季。

S&MとV両方から総出演というところも、なかなか贅沢な一冊。
なんだけど、読んだのがかなり前なので、お願い誰か年表か人物相関図作って!!と思いました。
四季じゃないので全部覚えてはいないんだよ・・・。
林がどうして犀川って名乗ったのがわからなさすぎて、いったいどこを読み返せばいいんですか!

Vシリーズでは天才的な役柄を演じていた紅子さんですが、四季の目から見るとこうなるのか、と。
『四季 春』
【森博嗣 講談社文庫】

真賀田四季の話しは難解で、読むのがめんどくさいなぁと思って保留していたのですが、先日、西尾維新読んだら、やっぱこれ読まないとという気分になったのでようやく着手。

『すべてがFになる』なんてもう何年も前に読んだきりなので、よく覚えていないので、新しいシリーズ読むような気分で読みました。

あの真賀田四季ご幼少時代。
でもあの四季なので、年代が変われど中身は変わらず・・・と思うのだけれど、でも時折感情が見え隠れするような気がする。
四季の話しということで、いったい誰の視点で語られるのだろうと思っていたのだけれど、四季なだけに独特の視点が取られていて、なかなか混乱する。
このへんはネタバレになるのであまり詳しくは書きませんが。

S&Mシリーズはもちろん、Vシリーズとのリンクもあり、混乱はさらに深まる。

ミステリというより、天才を真っ向から見つめた作品でした。
四季の遠さが悲しくて寂しい。
『虚空の逆マトリクス』
【森博嗣 講談社文庫】

短編集です。
そういや、今回はタイトルが収録されている短編から取られてないんですね。
そうなると一体なんでこのタイトルなのかよくわからない…。
この手の森センスはよくわからない。

「トロイの木馬」
前に似たような短編書いてなかったっけ?

「赤いドレスのメアリィ」
こういうのも書くんだなぁという印象。
続きを読む >>
『赤緑黒白』
【森博嗣 講談社文庫】

Vシリーズ最終巻。
いまいちよく理解してませんけど。
森ミステリは課題を出された学生のような気分になる。

最終巻でシリーズ最初に戻る、というのは、S&Mシリーズと同じ手法。
ただ、今回は本当にまるまんま、『黒猫の三角』に戻ったような気がして、ちょっとうーん・・・という気分。
若干の謎を残して次のシリーズにバトンタッチ、というのも同じか。

最初に戻るといってもループしているわけではなく、始点と終点がちょっとずれていて、螺旋というほうがしっくりくるように思う。
今後読み続けて、メビウスだったらどうしようかと、本気で思うけれど。
そんな壮大な仕掛けは理解できないよ。本当に。
続きを読む >>
『朽ちる散る落ちる』
【森博嗣 講談社文庫】

今回の表紙可愛いな。色合いが。
風船ですね。
あと毎回思うけど、題の字体が可愛い。

帯に「驚天動地」と書いてありますが、まさにそれトリックの核心とも言える言葉でございました。
私は『三毛猫ホームズ』(一作目)かなと思ってたのですが、そうですか、なるほど。

ここにきて、Vシリーズ最初の短編、小鳥遊くんご老人とお友達になる編(素直にタイトルを忘れたと言え)が絡んでくるとはなぁ。
でも、今回の話、いまいち精彩に欠けると思うのです。
次が最終巻なので、その前の準備、助走、そんな印象。

毎度毎度思うのですが、森小説は合わない人は徹底的に嫌いだろうなぁと。
私は好きは好きなのですが、それでも時々会話でムカっというかイラっとするのです。
そしてそこで、イラっとするのはあなたが物を考えていないからですよ、と言われているようで、さらにムゥとなる。

さて最後の話しで今までの話がどうひっくり返るのか、どう繋がってくるのか楽しみです。
『捩れ屋敷の利鈍』
【森博嗣 講談社文庫】

一気に追いつきました。
読み始めれば早いんですよねぇ。森博嗣は。

今回は保呂草さんと萌絵ちゃんが出合う話です。
登場人物紹介の、招かれた人、招かれなかった人、という区切りににやり。
犀川先生と紅子さんは招かれなかったようです。
この二人の会話なんかも気になるなぁ。保呂草さんと犀川先生とか。

萌絵ちゃんのお目付け役は、国枝先生でした。この二人のやりとりがおかしいです。
巻を追うごとに女ったらしと言うか、なんというか、な保呂草さんが顕わになって、萌絵ちゃん気をつけてーと思うことしきりです。
続きを読む >>