日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『清洲会議』
 【三谷幸喜 幻冬舎】

普通の小説だと、2ページくらいで、秀吉が三法師をドヤ顔で連れてきて終了するあの清洲会議だけで一冊書いちゃう、三谷ワールドでした。
『十二人の怒れる男』風に、ずっと会議で終わるかと思ったけど、会議の数日前、諸大名が清洲に集まってきて、会議を有利に運ぶためにあれこれ仕組むところから始まり、後半は会議の場面になる。
わざわざ、毎回「現代語訳」と書いているだけあって、とてもくだけた各々の一人称で語られるのでささっと読める。
イノシシ狩りのどたばたあたりは、いかにも三谷で、映画になった時にどうなるかが楽しみなシーン。
ものすごく、飛躍したキャラ設定というわけでもないけど、各々の新しい魅力が出ているかと。
こんなにちゃんと参謀っぽい官兵衛は意外と初めて見るような。
非常に楽しかったです。
『謙信の軍配者』
 【富樫倫太郎 中央公論社】

軍配者シリーズ最終巻。
冬之助のターンかと思いきや、信玄の軍配者に引き続き、ほぼ勘助(四郎左)がメイン。
こうして三作通してみれば、なんやかやで勘助がメインの物語だったのかなーという気がします。

作中時間もだいぶ経過し、ついに川中島へ。
ようやく登場した謙信(作中はずっと景虎)は、なかなかの困ったちゃん。
謙信がこんなに天才でさえなければ、信玄も無駄に苦労しないで済んだのに。

歴史小説なんで、勘助が死ぬのもわかっているのですが、死亡フラグ立てまくる様を見てると、川中島に行ってはいかん!兵を分けてはいかん!という気持ちになりますね。
なんとなく最後の第四次川中島が尻すぼみ感があったけど。

このシリーズは合戦シーンが面白くてよかったなー。
『信玄の軍配者』
 【中央公論社 富樫倫太郎】

三部作第二巻。
今回は山本勘助が主役。
勘助なので、前作から時が大分流れ、みんないい年に。
小太郎並に、情報が乏しい勘助なので、ほとんど創作なんだろうなー。
若い信玄というか晴信が、若い故にたまに間違ったりもしつつも、大器でよいですが、武田家的に盛り上がるのはこれからってところで終わるのは、前作と一緒でちょっと物足りなく。

勘助といえば、諏訪の姫の世話役が定番なのでしょうか、そういう資料があるんでしょうか、諏訪の姫とのやり取りが、井上靖『風林火山』のままのような気がするんだけど、同じ史料を使ってるのか。
甲陽軍艦に書いてあるんですかねー。

武田家重臣たちはいいですね。大河の風林火山思い出します。
若かりし幸村のじいさんが、飄々としてよい感じ。

冬之助が宇佐美姓をもらって、ああ、あの宇佐美なのか、とようやく誰かわかりました。
『早雲の軍配者』
 【富樫倫太郎 中央公論社】

忍として有名な風魔小太郎が主人公。
この小説では北条家の軍配者ということですが。
軍配者=軍師ではないんですが(当時軍師という言葉がないとかそういう細かいことはさておき)、このシリーズでは軍師と了解してもさして間違いではないようです。
その辺の説明は作中にあるんで……。

この小説では風間党の小太郎とは別扱いみたいなので、忍の小太郎がイメージ強い身としては、性格良くて賢いけどなんか薄味の小太郎だなーという印象。

早 雲にその才を見込まれて、孫の軍配者にするべく足利学校に送られる若き日の小太郎の話しなので、早雲の軍配者じゃなくて、氏康(作中だと最後の最後でよう やく元服する)の軍配者じゃね?とか、そもそも最後の最後までは軍配者見習いみたいなものなので、このタイトルはなんか違うんですが、そういうことはとも かく面白いことは面白かった。
戦国物なのに、学園物であり、友情物であり、青春物であり、と案外爽やかな内容。
足利学校で共に学ぶ、山本勘助と曽我冬之助たちはその後、武田、上杉に散っていくので、関東三国志的な面白さもあり。
勘助はわかるんだけど、上杉の軍師って宇佐美じゃないのかと思ったら、後の宇佐美だった。なるほど。

この若い軍配者卵たちよりも、早雲様が素敵でございました。正直。
北条家って素敵です。
『信長私記』
 【花村萬月 講談社】

萬月先生、歴史物も書くんですねーという興味と、先生の作風と信長はマッチしそうだなーということで。
読んでみたら意外と普通の信長で、うつけ時代の信長が書いた私記、という体だけれど、ところどころ信長が親切に説明するのでなんだか笑える。
意外に優しい、信様。
冒頭で村娘を唐突に切り殺してるくらいで、あとは割と温厚。
天然な竹千代との交流が微笑ましく。

しかし、全体的に薄味な印象でした。
萬月先生のほかの作品に比べても。
『聚楽 太閤の錬金窟』
 【宇月原晴明 新潮文庫】

『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』の続編。
信長の死後、今度は豊臣秀頼を中心に、秀吉やら家康やらが右往左往といった感じ。
前作よりもとんでも感が増して、忍とバテレンのバトルって!とちょっと笑えました。
山田風太郎かと。

信長は死んでるのですが、信長の影響下にある秀吉、家康が二人とも同士として割と仲がよいというのが新鮮。
竹千代と信長、秀吉が瓜食べる回想シーンはよかったな。

やや前作より長くなって、まとまりに欠くような印象でしたが、面白いです。やっぱり。
『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』
 【宇月原晴明 新潮文庫】

タイトルから察せられるように『ヘリオガバルス または戴冠せるアナーキスト』と密接な関係にある小説。
なぜなら、ヘリオガバルスの作者アントナン・アルトーが登場人物の一人として登場するから。
アントナンの元を一人の日本人が訪れ、ヘリオガバルスと信長の共通点を語っていくという、近代の物語と、信長の物語が並行して進む。
作中、信長は両性具有として登場し、さらに、ヘリオガバルスとの比較で、ダブルという言葉が強調されるが、小説の構造もまた信長の時代と、二十世紀が重なりあの独裁者も登場してくる。

信長にまつわる様々なできごとを神秘的に解き明かすことだけなら、他の小説にもよくあるのだけれど、なにしろ美しかった。
信長もそうなのだけれど、信玄も謙信もその死が美しかった。
その中にあって、秀吉の存在が引き立っていて、珍しくいい秀吉だなぁと思った。

楽しかったな。

でも、武田の忍は軒猿じゃない。
なんか意味があって軒猿にしたのかな。
『秀吉の枷 下』
日本経済新聞社
¥ 1,680
(2006-04-18)

 【加藤廣 日経新聞社】

あれ、結局枷ってなんだったんだろうなぁ、という。
歴史ミステリーに属するのでネタバレなんぞも含みつつ感想を。

下巻は信長のことはさして引きずらず、山崎以降の秀吉の天下取りから、死去まで。
一番、ミステリっぽい展開したのは終盤の、淀と、秀頼出生にまつわる謎と、秀次および一族が処刑されるに至るくだりと、真相。
結局、秀吉真相に至らないし。
ミステリ読みからすると、おい!という感じだし、歴史小説としてはうがっているというか、一つのことから広げすぎという印象。
まあ、でも淀の生んだ子が秀吉の子ではないというのは、そろそろなんらかの研究でわかりませんかねぇ。
浮気相手にどんな説があるのか、検索したら大野修理説が有力みたいだけど、この小説ではその大野修理が淀の陰謀にたどり着くという。
三成説はちょっと……どうよ、と思いますよ。

しかし、秀次の事件の解釈はおもしろかったな、と。

本多忠勝を謀臣と書いてるのが気になります。
本多正信と間違ってるのかなぁ。

下巻にはさっぱり官兵衛が出てこなかったけど、最終的には意外と一人勝ちと言えなくもないので、よかったかな、と。
『秀吉の枷 上』
日本経済新聞社
¥ 1,680
(2006-04-18)

 【加藤廣 日本経済新聞社】

本能寺三部作の二作目。
一作目の『信長の棺』は未読ですが、ドラマで見た。確かドラマ。
これが流行った頃から妙に秀吉黒幕説が流行した気がしたんだけれど、これより前からかもしれない。

タイトルからわかるように、本能寺あたりの話しを秀吉を主人公に。
本能寺に掘られた抜け道や、消えた信長の死体などややミステリー的趣向もありつつ、どうせならもっとごりごりにミステリーにしてもらってもいいんだけど。

半兵衛が死ぬ辺りから始まり、相変わらず死せる半兵衛が生きてる人間を動かしている。
秀吉にとっての半兵衛はそんなに重要だったのだろうかと、実はけっこう懐疑的だったりもするけど。
官兵衛が牢獄暮らしでキリシタンかぶれになって、ちょっと不思議ちゃん。
で、やっぱり何たくらんでるかわからんという理由で、信用されない。かわいそ。
信用されないというか、根本的に人間的にそりが合わないのかもしれない。秀吉と官兵衛は。
歌のことがわからない官兵衛にはちょっと異議があります。

秀吉のことはとくに美化はされておらず。
誰のこともとくによくは書かれていないけど(半兵衛はともかく)、悪く書いてもいいから魅力的に書いて欲しいなぁ。
『忍び秘伝』
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2011-10-07)

 【乾録郎 朝日新聞社】

『忍び外伝』の続編というわけではなく、今回は武田と諏訪の因果を絡めつつ、今回も一応伊賀忍者。
時代小説というか伝奇物なのは変わらず、外伝よりちょっと血なまぐさく、複雑になったかな。
武田軍師、山本勘助が外法を使う不気味な人物。川中島では死んでいないという設定で、最後まで読むと正体が。
相変わらず夢と現が入り混じって、今回は時間も関わりわかりにくいかも。

主人公の小梅の幼馴染、山茶花と桔梗の使い方がいまいちな印象。
今までの作品から比べると登場人物が増えて、使い切れてないかなぁと。

ラスト小梅の子が佐助ってところで、ちょっと感動。