日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『月光条例 1』 | main | 『図書館戦争』 >>
『シュミじゃないんだ』
【三浦しをん 新書館】

直木賞作家にして腐女子代表の、三浦しをんのBLエッセイ。
まだこれを書いていたころは、売れっ子でもなんでもない、駆け出し作家だったようですが。
でも、わりと最初から恵まれてた作家だったという記憶がありますけども。

毎回テーマに沿ったBL作家および作品を紹介していく、BL漫画ブックレビューという側面の強い本書。
BLを愛する人ならば、きっと強く拳を握り締めて、「その通り!」と叫ぶこと請け合い。
それとも、私が三浦しをんの趣味嗜好と合致し過ぎているのやもしれませんが。

どの章、どのテーマをとってみても、よく言ってくれた!と思うことしきりで、正直激しく同意しすぎて読み終わる頃には疲労困憊。
特に1章目のリバーシブルについてと、3章目のハッピーエンドについて、6章目の女の子についてあたりは、BLを書く者はみな読め!と言いたいほど。

そうは言うものの、やや見解の異なる部分もあり、8章の耽美とボーイズラブの違いは、作者の美意識の違いじゃないかと思うけど。
そしてサラリーマンが出てきたらやっぱり耽美じゃないと思う。

共感しすぎて言及したい部分がたくさんあるのだけれど、とりあえず小説編も出して書いて欲しいなぁと思いました。

にしても、ここまで共感しておいて、やっぱりしをんの書く小説はどうもツボじゃない。
書き下ろし最初で最後のBL小説も載っているのだけれど、違うんだなぁ。
まあ、それは本人も重々承知しているようなのですが。
読むと書くとじゃ大違いなのですね。

読んでいて、BLにどうして惹かれるのかというと、それはもう一口で言えるものではないのですが、全てのジャンルを内包することができて、なおかつ複雑な人間関係を描けるジャンルだからなのかなぁと思ったりしました。
多くのBLはその自由さを生かせていないのが残念なのですが。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK