日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『もっと!イグ・ノーベル賞』 | main | 『医学のたまご』 >>
『ブラックペアン1988』
【海堂尊 講談社】

ペアンって何?というところからなんですが、ペアンは表紙に描いてある鋏のような手術道具のこと。
手術シーンが多く、いろんな用語やら道具が飛び出しますが、なんとなく医療ドラマの手術シーンを思い出しつつ、あんな感じかな〜くらいの把握でも問題ないかと。

東城大学附属病院サーガとでも呼べばいいのか、今回の舞台はいつもの附属病院ですが、年代がタイトルにあるとおり1988年と田口&白鳥シリーズよりも約20年ほど遡ります。
主人公は研修医の世良くん。
まだ試験に合格したかどうかもわからないうちからこんなに色々させられるんだな〜研修医って、とその過酷さに驚きつつ、『ブラック・ジャックによろしく』的な重さはいつもの通りないのでご安心を。こちらが物足りない人はそちらをどうぞ。
海堂先生の作品は徹底的にエンターテイメントで、泣かせないところが毎回素晴らしい。
今回の話は世良くんを案内役として、今現在の東城大学附属病院のルーツを辿るのが趣向の一つ。
高階病院長がまだ鳴り物入りでやってきたしがない講師として奮闘している様が非常に新鮮。
この時代があるからこそ、今があったのか、と納得です。
そして若い頃はやや白鳥っぽい。
いまやすっかり狸親父な高階病院長が、佐伯教授やライバルたちと奮闘している様は素敵です。

現在はすっかりベテランとなっている、猫田さんや藤原さんの現役時代(猫田さんは引退してないけど)、花房さんの初々しい頃が見られるのもまた楽しいです。

そして若いと言えば、田口・速水・島津トリオが2年生の研修でやってくる様はちょっとしかないとはいえ、非常にうれしいサービスです。
例の手術中に卒倒事件も登場。
三人のレポートが三者三様に無礼で、三人らしい。

とまあ、レギュラーキャラの若かりし頃にばかり気をとられがちな本書です。

海堂小説の主人公はみんな、一言よけいに本音を言いすぎる傾向があるようで、今回の世良くんも例に漏れず。

今回はAiも登場しないし、過去の話しなので問題提起はなかったのですが、強いてあげるなら新しい機械を導入する難しさという点でしょうか。
まあしかしそんなことは気にせず、ようやく海堂先生が純然たるメディカル・エンターテイメントを書いたと捕らえたらよいのかな、と。
ストーリーテリングがもう少し上手ければ、サスペンスと呼べたかもしれないけれども。

バチスタ以外、悪役キャラというものを書かないのは何か理由があるのかなぁ。
渡海先生はもっと悪人かと思ってた。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1141
TRACKBACK