日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『魔法使いの恋』 | main | 『先生、シマリスガヘビの頭をかじっています![鳥取環境大学]の森の人間動物行動学』 >>
『タイトロープ』
【夏目イサク 新書館ディアプラス】

ディアプラのBLは可愛いのが多いですね。
ディアプラのBLに比べたら、フラワーコミックスの少女マンガのほうがよほど過激だろうと。

ほのぼの任侠もの。
BLにおける任侠ものは基本、激しいのが相場なんですが、微笑ましい感じで。
ごくせんの極道みたいなイメージで。
今回もツンデレっぽい感じで、あまりツンデレ好きじゃない私も、夏目さんのは割りとかわいらしくて好きです。

『どうしようもないけれど』の二人の話しも収録されてます。
スポンサーサイト
>ディアプラのBLに比べたら、フラワーコミックスの少女マンガのほうがよほど過激だろうと。
まさに!夏目イサクの受けの片目涙目が好きなんです。
| 2009/01/02 17:24
過激だといけないってわけではないんですが、どうかな〜という部分もありますね。
夏目先生のキャラは甘え方が可愛いというか、タイミングを心得ていていいですね。涙目ももちろんかわいい。
蒼子@管理人 | 2009/01/02 21:44
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1173
TRACKBACK