日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ラッシュ!』 | main | 『SUPERNATURAL 1』 >>
『萌えの死角』
【今市子 KARENコミックス】

今市子さんのBLっぽいことを語るエッセイ。
正直、文鳥エッセイのほうが面白い。
文鳥>萌なのか、今市子!?
今市子ファンなら読むと、市子さんはナマモノ系だったんですねぇと思う一冊です。
個人的には、ハゲタカの話しを5ページくらいしてくれてもよかったのに・・・と思う。

市子さんがオーソドックスな組み合わせしか思いつかないのは、おひつじ座だから?と書いていたのだけれど、マイナーばっかり思いつく私もおひつじ座です。
そういえば、確かにオーソドックスな組み合わせが多いけど・・・それ以前にキャラクターの性格がやや変なのが今市子作品なので、オーソドックスであることに気づかなかったな。

相棒の話しやら、懐かしい感じの洋画の話しやら(ベンハーてそんな話しだっけ!?)みたいなことがあって参考になります。なんの参考だ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK