日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『高校球児ザワさん 1』 | main | 『世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー』 >>
『ジェネラル・ルージュの伝説』
 【海堂尊 宝島社】

デビュー3年にして、早くもファンブックが。
ほとんど海堂先生が書いてるページなのも凄いなぁ。
タイトルになっている速水が何ゆえ、ジェネラル・ルージュとなったのかということがわかる、例の火災事件の話しが半分ほど。
猫田さんはやっぱり凄いなーという印象ですけど、私は。

海堂先生の生い立ちは意外にも面白かった。
作家になってからはあちこちに噛み付いて訴えられたり、ドタキャンされたり、ほんとまんま白鳥だと思うんだけどなぁ。自覚してないのかなぁ。

だがしかしハードカバーで出してくるなんて反則じゃないのかなぁとは思います。
こういう読本は大抵ソフトカバーじゃないのねぇ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1231
TRACKBACK