日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『アイアンマン2』 | main | 『独白するユニバーサル横メルカトル』 >>
『モテキ 全4巻』
 【久保ミツロウ 講談社イブニングKC】

『トッキュー!』とはうってかわり(原作つきじゃないからという のもあるが)、モテない男子が急にモテ始める話し・・・ではない。
20代最後のちょっとした成長物語ですねぇ。
なんかもういちいち痛い わ。
幸世に全面的には共感しないけど(男女差あるし)、あぁまぁ、そういうこともあるよねぇ・・・・と。
登場する女子たちも、けっこう一 癖二癖あり、その辺のリアリティはやっぱりミツロウ、こんなんでも女子だな、と。
1巻の巻末でうっかり騙されかけたというか、今までが騙されてた の!?と思いかけたけど。
いや、トッキュー時代からコレ本当に女子が描いてるのかなぁと疑惑だったので。今回の作品も、やっぱりよく女子が描けた もんだな、とは思いましたけど。

ラストはすっきり!という感じではないけど、これくらいの進歩がリアルなんだろうな。
この後も、 きっと幸世はふらふらしてるし、仕事も相変わらずないんだろうけど。
・・・この後にやってくる、30代編が一番悲惨なんじゃ。

オ ム先生がどんどんプンプンになってて怖かったよ。
あんなにまるごとプンプンで大丈夫か、と思うけど。いいのか。

あと、タイトルは みんな歌の題名なのかなぁ。いくつかしかわからないんだけど。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK