日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『SP 野望篇』 | main | 『Another』 >>
『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』
 【伊藤潤二 講談社】

ホラー漫画家の伊藤潤二による猫エッセイ漫画。
こんなに禍々しい猫エッセイあんまりない。
帯に「禍々しくなんかないですよ」と書いてるのが白々しい。
内容は確かに禍々しくないかもしれないが、終始絵が禍々しい。
なんかもう、猫も人も怖い。
だって奥さん白目だし。
なぜか、お互いにイニシャルで呼び合ってるし。
伊藤先生おもしろいなぁという一冊。
そしてよんは確かに変顔の猫。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK