日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『収穫祭』 | main | 『真昼の恋』 >>
『プリーズ、ジーヴス 2』
 【漫画:勝田文 原作:P・G・ウッドハウス 白泉社】

1巻の時は、原作の忠実な漫画化だなぁという印象で、正直可も無く不可も無くだったのですが、2巻になって勝田先生がバーティ、ジーヴスをものにしたな、という感じがひしひしと。
テンポもよくなり、漫画になった甲斐もあるというもの。
1巻の感想が、goodならば、2巻はgreat!とでも言いたい。
先生おみごとです。

今回は、ジーヴスが初めてウースター家にやってきた話と、ジーヴス視点の話しが入ってます。
どっちも原作で好きな話し。
特にジーヴス視点の時のバーティは超絶可愛いな!どうなの、子犬のように震える若主人!!
愛らしいなぁ。
ジーヴスはドSだしなぁ。英国って凄いなぁ。
執事ってもれなくS属性なんだな。
伝統?そうなの?

ジーヴスが若主人との二人の生活を守るためならなんでもする、というのがよくよくわかる巻であります。
がんばれバーティ、いろいろと。

巻末、短編小説も収録されてます。小説、漫画と二度楽しめるジーヴスシリーズは素敵ですね。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK