日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『神の棘 II』 | main | 『町でうわさの天狗の子 1』 >>
『雨無村役場産業課兼観光係 全3巻』
 【岩本ナオ 小学館フラワーコミックス】

フラワーコミックス久しぶりやな。
若者三人しかいない雨無村の職員ギンちゃんと、給食作りしてるメグと、ぷらぷらしてるスミオのトライアングルな関係。

ギンちゃんが主人公なのだけれど、少女マンガで男の子が主人公なのも珍しいし、メグが小柄でぽっちゃりで無愛想なのも珍しい。でも可愛い。なんか可愛い。
そしてスミオはギンちゃんが好きという。
吉田秋生の鎌倉物をもう少し、ほんわかしたような話しです。
三人の恋の行方と、町興しのために企画した桜祭りのためにがんばる村人達が並行して描かれている。
ここまで田舎じゃないけど、やや田舎に住んでいる身としては、食い物と景観だよなぁ、やっぱりと思ったり。

三人の関係は、そこにしか落ち着きどころはないとは最初から分かっているとしても、やっぱりなんだか寂しくなる。
東京でスミオ大丈夫かなーと心配になっちゃう。何しろ若いからこの先、長いよ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK