日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『探偵はBARにいる』 | main | 『ゴーストハント4 死霊遊戯』 >>
『有頂天家族』
 【森見登美彦 幻冬舎文庫】

堅物だけど小物な長男、井戸の中に引きこもって蛙になった次男、阿呆なマイペース三男、すぐに尻尾が出てしまう四男、という狸四兄弟とその母親、下鴨一家の物語。
語りは三男。
老いぼれ天狗や、元人間だった天狗・弁天やら、金曜倶楽部などが入り乱れて、今回も京都を騒がせています。
とにかく狸兄弟がふかふかころころと可愛らしい。
基本、人間に化けているのだけれど、時々尻尾が出るのが愛らしい。
三男と赤玉先生の素直じゃないやり取りも可笑しく可愛いし、元許婚の海星も可愛い。
可愛い可愛いと思っていたら、偉大な父親の死の真相がわかったり、しんみりさせる。
下鴨家の話はまた読みたいです。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1390
TRACKBACK