日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『イノセント・ガーデン』 | main | 『ニ00二年のスロウ・ボート』 >>
『宵山万華鏡』
 【森見登美彦 集英社文庫】

宵山を舞台にした連作。
一話目「宵山姉妹」を読むと、『きつねのはなし』系のかな、と思うんですが、「宵山金魚」「宵山劇場」に進むと、バカ学生物の流れなのかなーと思い直して、やっぱりきつね系かなーとなる。
今までの森見小説の要素がぎゅっとコンパクトに詰まった一冊。
不思議と怖さと荒唐無稽が渾然としていかにも祭りの日という話しでした。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1478
TRACKBACK