日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『異邦人』 | main | 『アメリカン・スナイパー』 >>
『白い牙』
【ジャック・ロンドン 訳:白石佑光 新潮文庫】

犬の血の入った野生のオオカミ、ホワイト・ファングの数奇な一生を描く小説。
『野生の呼び声』とは逆に、運命の出会いをして安住の地を手に入れるまでが書かれる。
愛する主人と出会ったあとのホワイト・ファングの従順さが、犬好きとしてはぐっとくるものがある。そこまでが過酷だったので。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1569
TRACKBACK