日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『キングスマン』 | main | 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 >>
『厭な物語』
【アガサ・クリスティー 他 文春文庫】

厭な話しばかり集めたアンソロジー。
イヤミス的な厭なオチ系かと思ったら、始めから終わりまでずっと厭な話しというのもあり、いろいろな厭な話し。
内容も内容なのでネタバレしつつ各話しの感想を。

「崖っぷち」 アガサ・クリスティー 訳:中村妙子
クリスティーらしい、じめっといやな話し。
この中では一番軽め。

「すっぽん」 パトリシア・ハイスミス 訳:小倉多加志
子供と母親のコミュニケーション不全。
多分そうなるんだろうな、というオチだけど、そのきっかけのすっぽんが鍋に放り込まれる描写がとてもいや。

「フェリシテ」 モーリス・ルヴェル 訳:田中早苗
このアンソロジーに入っていなかったら、もっとラストに落ち込むことになっただろうけど、厭なオチになるとわかっているので、ある程度の心構えは。
他と違ってリアリティのある厭な話し。

「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」 ジョー・R・ランズデール 訳:盪蛙人拡
一行目からラストに至るまでずっと不快な小説。
意外な結末もどんでん返しもなくただただずっと厭な描写が続く滅入る。

「くじ」 シャーリー・ジャクスン 訳:深町眞理子
村人たちが集まってくじを引く。
このアンソロジーに入っているので、くじに当たった人にはろくなことがないだろうというのはわかるけれど、そこに至るまでの牧歌的な描写がオチとの落差を生む。

「シーズンの始まり」 ウラジーミル・ソローキン 訳:亀山郁夫
短編集『愛』に収録されていたので既読ですが、厭な話しではあるけれどソローキンの中では割とまともな話しのような気もする。

「判決 ある物語」 フランツ・カフカ 訳:酒寄進一
遠くにいるうだつのあがらない友人の話しだったはずが、主人公が父親と話し始めたところから突然の不条理ワールドに。
置いてけぼりのラスト。厭な話しというより不可解な話し。

「赤」 リチャード・クリスチャン・マティスン 訳:高木史緒
『地球最後の男』のリチャード・マシスンかと思ったら息子の方だった。息子も厭な話し書いてるんだなー。
男が拾い集めている赤いものが何かわかった瞬間げっそりする。

「言えないわけ」 ローレンス・ブロック 訳:田口俊樹
殺人犯と妹を殺された男の話しで、男が復讐を遂げるようなすっきりする話しなわけもなく。
ちょっと小洒落てるので厭な感じは薄いかもしれない。

「善人はそういない」 フラナリー・オコナー 訳:佐々田雅子
解説にもあるように「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」みたいな唐突に降ってわいてくる暴力になす術もなく死んでいくという話しだけど、事が起こるまでが平和的なので事件ってこうやって起こるのかな、という気持ちにもさせる。

「うしろをみるな」 フレドリック・ブラウン 訳:夏来健次
解説を挟んでさらに後ろに収録されている作品。読むとその理由がわかる。
タイトルからラストは後ろが怖くなるような話なんだろうなーとは想像がつくけど、メリーさん的なものではなかった。
英語圏で発売した当時に読んだ人はもうちょっとぞっとしたかもしれない。
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1581
TRACKBACK