日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『ぜったいに飼ってはいけないアライグマ』 | main | 『岸辺露伴は戯れない』 >>
『岸辺露伴は叫ばない』

【北國ばらっと/他 集英社】

 

『岸辺露伴は動かない』の小説版。

4人の作家による5編。

あんまり作家それぞれの個性が出ているという感じはなくて、みんな原作の雰囲気に対して堅実という印象。

ヘブンズ・ドアーの使いどころって難しいなあ。

 

「くしゃがら」 北國ばらっと

同僚漫画家から見せられた規制単語リストに載っていた「くしゃがら」という言葉に取り憑かれていく、という話し。

漫画家岸辺露伴らしい作品。

オリキャラをがんばって荒木風にしてるんだろうなあとは思うけど、小説でやるとちょっと読みにくいなあ。

 

「Blackstar.」

メリーさんの都市伝説風に、写真に写る謎の男が徐々に近づいてくるという話し。

シュールなホラーでいいんじゃないでしょうか。

 

「血栞塗」 宮本深礼

図書館の本の間に、見つけると不幸になるという赤い栞がある、という話し。

司書のキャラもうちょっと怖くできたんじゃ?という気がする。

好奇心の権化の露伴ならではという。

 

「検閲方程式」 維羽祐介

前の話しに続いてまた図書館スタート。今度は大学図書館だけど。

謎の方程式の話し。

細かいことなんだけど、最後の解決を導くためにいつもスケッチブック持ち歩いている露伴に腕にメモ取らせるのはどうかなあと思ってしまいました。

いい話風に終わってよいのではないでしょうか。

 

「オカミサマ」 北國ばらっと

書き下ろし。

お金の取引をなかったことにする「オカミサマ」の話し。

破産直後の露伴が、お金は大事だなって多少は反省するのが偉いところ。

まあでも、露伴にはいつまでも突然山買って破産するような人間であってほしいけど。

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1598
TRACKBACK