日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『岸辺露伴は叫ばない』 | main | 『The Book』 >>
『岸辺露伴は戯れない』

【北國ばらっと/他 集英社】

 

スピンオフ短編小説集第二弾。

原作の方が動かないで統一してるのだから、こちらも叫ばないのままでもいいような。今回の戯れないというタイトルもあんまりしっくりしてないけど。そりゃ戯れないよ。仕事だもの。

 

「幸福の箱」 北國ばらっと

 

古美術商が持っていた謎の箱の話し。

叫ばないの時も思ったけど、この作者さんは荒木先生に寄せようと頑張りすぎて比喩とかキャラが小説としてはちょい浮いてる。

露伴、結婚しそうもないけど、女嫌いというわけでもなく、意外とかわいこちゃんに弱かったりするよね。

 

「夕柳台」 宮本深礼

 

杜王町にある住宅街で起こる怪異の話し。

確かに露伴って小学生に防犯ブザー鳴らされそうだよな。

冒頭大人げなさすぎて笑った。

 

「シンメトリー・ルーム」 北國ばらっど

 

大学で起きた殺人事件と、全身シンメトリーの謎の男の話し。

これは漫画で読みたい感じの話しだったな。

センター分けの露伴想像したらだいぶ面白かった。

一番、アクティブな話しでジョジョっぽくてよかったです。

 

「楽園の落穂」 吉上亮

 

伝説の小麦を編集者とその娘と共に取材に行く話し。

露伴と子供という組み合わせ相性いいよね。

やや動機部分がシンメトリー・ルームと似てるんだけど、作者違うのでたまたまかぶったのだろうなあ。

まあでも、牛みたいなモブおじさんに口移しで粥食べさせられそうになる露伴先生がハイライトです。嘘ついてない。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1599
TRACKBACK