日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『The Book』 | main | 『土葬症 ザ・グレイヴ』 >>
『どこの家にも怖いものはいる』

【三津田信三 中央公論新社】

 

刀城言耶シリーズとはまた違う、実録怪談の体を取るホラー小説。

実録の体裁なので、作家の僕・三津田信三が、自分のファンであり編集者の三間坂から気になる二つの怪談を教えられる。

全然違う話しなのに、どことなく共通点があることから、他にも似たような話を探した結果、合計5つの家にまつわる奇妙な話しが集まる。

その5つと、僕と編集者の解釈パートによって構成される一見短編集のような長編ホラーです。

 

一つ一つの話しがそれぞれ怖いのだけれど、幕間のパートで共通点がないとミスリードすればするほど隠したい部分が強調されてしまって、終章でぞっとするべき部分であんまりぞっとできないというのが残念。

どこまで虚構なのかわからないよう、三津田信三自身に関する情報はそのまま載せてるのだろけど、自著の話し多すぎて宣伝っぽいのが気になるな。

 

一つ一つの話しの怖さはさすがです。

私が面白かったと思うのは二話目の「異次元屋敷」かな。割れ女の話し。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/1602
TRACKBACK