日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『死の蔵書』 | main | 『少年探偵17 魔法人形』 >>
『TAXI 2』
一作目以上に馬鹿馬鹿しく…いえ、漫画チックになられて。
吹き替え版で見ると、妙ですね。
だって、さっきまで流暢に日本語話していたのに、いきなり「こんにつぃわ〜」って話し出すんだもの。
海外の方の日本人へのイメージはいまだに、忍者なのか、それともわかっててからかっているのか(一作目の感じからすると後者のような気がする)

でも、まだ好意的に扱われていると思います。

盛大に高級車を破壊していく様は日本の刑事ドラマにも見習ってもらいたいものだ。
明らかに廃車ばかり壊しているもの。

車にばかり費用をかけて作りはさっぱり金かかっていないようですが、軽く観れてよいですね。
ストーリーもひねりがないことこの上もないのが、いいですね。

車に向かって「にんじゃ〜」と言いたくなる映画です。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK