日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『スノウ・グッピー』 | main | 『熱氷』 >>
『翠迷宮』
【結城信孝編 祥伝社文庫】

女性作家のミステリーアンソロジー再び。
前回も思ったけれど、今回読んでやはり気になる。
なんで、女性作家のミステリーというくくりだけでアンソロが成り立つのか。
もっと限定した条件でアンソロを組むべきじゃないのかしら。
もうね、推理ものだと思って読んだら、ホラーとか、ホラーだと思っていたら推理ものだったとか、そういうフェイントはいらないから。
私はミステリー=推理だと思っているから(思い込みですけど)そうじゃないとなんだか物足りないんです。
あと、女性作家=愛みたいな、そういう固定観念もいい加減やめたらいい。
と思うけど、この中に収録されている話はいかにも、女性作家ですみたいなネタばかりで、うんざりしてきました。
苦手なんです。

もう、ほんっと五條がいなけりゃ読まないな。
「指定席」 乃南アサ

初めて読みました。
なかなか面白かったです。ちょっとした、ホラーのようなミステリーのような。
他の著書も気になりました。

「捨てられない秘密」 新津きよみ

え、これから事が起こるんじゃないの・・・?というところで終わる。
そういう手法なんですけど、どちらかといえばこれから起こりえることの方を描写した方が面白いんじゃないかと。

「神の影」 五條瑛

前回の収録作品の三人が再び。どうやらアンソロ要員のようです。この三人組。
そのうち一冊にまとまりませんかね。
関西弁のモレナさんが素敵で、アキムがしたたかでしっかりしてて可愛いかったです。
好きな作家には甘甘の評価しかしません。贔屓ですとも!
でも面白かったけど。

「美しき遺産相続人」 藤森いずみ

オウムなのがすぐにわかってしまいました。
もう少し別の動物とか・・・ロボットかな、とも最初思ったんですが。
その最大のトリックはすぐにわかってしまいましたが、最後の一行が少し面白かったからまあいいかな、と。

「わが麗しの君よ・・・」 光原百合

前回の時も思ったけれど、やっぱり文章が苦手です。なんだか寒くなる。
「堕天使の血統がまざったような美男」という比喩がもうたまらなく・・・・。
で、「僕」が犯人なのはなんとなく。他に可能じゃないしな。僕と書いて「しもべ」までは考えなかったけれど。
出来不出来の前に、文章が苦手です。
でも今回も一人だけ正統に推理小説の手法を踏襲。生真面目すぎるくらいに。

「黄昏のオー・ソレ・ミオ」 森真沙子

どんでんがえしを期待しちゃったんだけど、何もなかったです。
雰囲気だけはあるんじゃないですか。

「還幸祭」 海月ルイ

面白かったです。
意外な展開はしないけど。
でも、タイトルとあいまっていいラストだったと思います。ミステリーじゃないけど(しつこいなぁ)
こういうラスト好きです。

「カラオケボックス」 春口裕子

まあまあ。
ふーん、まあ、よかったね、という感じです。

「翳り」 雨宮町子

もう少し怖くてもいいけど。
『屍鬼』を思い出しました。土葬ということで。
面白くないこともないけど、なんで土送ってきたんだろう。わかるようなわからないような、主人公の勝手な解釈じゃないのかという気もする。
聞き手は誰だったのかしら。そこに意外性があるかとも思ったんだけど。なんでも意外性を求めすぎなんですかね。

「鏡の国への招待」 皆川博子

なんだかタイトルの意味がわからなかったな・・・・。
なんだかな、と言う感じ。


このシリーズはもう勘弁してもらいたい。
出してもいいから五條を入れないで〜。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/394
TRACKBACK