日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『白いレクイエム』 | main | 『ダニー・ザ・ドッグ』 >>
『鏡の中は日曜日』
【殊能将之 講談社文庫】

同時収録に『樒/榁』があり。
まず、鏡の中は〜から。

以下ネタバレに注意。

『黒い仏』で大きな衝撃を受け、今度はどういう趣向で来るのかと身構えていたら、帯は「石動戯作を殺したことを少しも後悔していない」ときた。
え、石動さん死んじゃうの?アントニオがついていながら??
と思いつつ、読み始め。
最初は島田荘司の『眩暈』を思い出させる文章。

読み終わってみれば、また性別トリックかよー!とか、結局何も謎はなかったのか、とか、石動さん死んでなくてよかったなぁとか思いますが、相変わらず翻弄されたことには変わりないです。
最初の「ぼく」は龍司郎じゃないんだ、とか、あの石動は違うのか、とかここは梵貝荘じゃなかったのか、とか色々と。
相変わらずの“名探偵”ぶりで、微妙にずれた推理を展開していた石動さんには、巻を増すごとに親しみがわきます。
不思議なことに。

なんだかじわっといい話めいた終わり方で、じんわりしたけど、どことなく騙された気分が抜けません・・・。

「樒/榁」
元々別の本として出ていたものですが、ありがたいことに一冊に収めてくれました。
やはり続けて読んだほうがしっくりする感じ。
でも発売年順だと、こちらが先なんですね。逆に読んでいたら変な感じがしただろうな。
こちらも謎というほどの謎もなく。
密室には違いないのですが、拍子抜けです。
ただ、小説として面白い構造で楽しかったです。

水城の活躍はどこかで見られる日が来るんでしょうか。

読み終わってよくよく思い返すと、きわめて地味な二編でありました。
スポンサーサイト
はじめまして。
殊能将之氏の小説感想を検索していて、こちらのサイトにお邪魔しました。

『鏡の中は日曜日』は、割と真面目に“良いお話”で終わっているので読後感が良いですよね。

>石動さんには、巻を増すごとに親しみがわきます。

同感です(笑)
最初は変な中年だと思っていたら、じわじわと親しみ感が。

このシリーズの最新作『キマイラの新しい城』は、お読みになりましたか?

石動さんは相変わらずですが、アントニオも活躍しますし、小説として面白いので未読でしたら読んでみて下さい(^^)
K | 2010/01/23 21:54
はじめまして。こんばんは。
読んだのが昔過ぎて内容がいまいち思い出せないのですが・・・石動さんのことは覚えてます。
キマイラ〜の方は積ん読の山の中にはあるのですが、未読ですね。
アントニオが活躍するとは。
なるべく早く山から発掘したいと思います。
蒼子@管理人 | 2010/01/24 21:54
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/690
TRACKBACK