日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『girs’s blue』 | main | 『僕にだって言い分がある』 >>
『犬』
【川端康成他  中央公論新社】

クラフト・エヴィング商会プレゼンツ、という作家たちの犬にまつわる随筆集。
クラフト・エヴィングなので装丁がシンプルで可愛い。

時代背景もあるのでしょうが、妙に湿っぽかったり、美談にならず、淡々とどの作家も犬との生活やら、犬への愛情を綴っていて良いです。
川端康成の「愛犬家心得」なんてよいですね。

志賀直哉のクマや、徳川夢声のトム公が特に可愛いわんこでした。
急に志賀直哉への好感度がUP。

犬大好きですけど、最近のペットブームにはついていけない私にはこのくらいの、犬と人間との距離感がよいです。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK