日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『夏目友人帳 1』 | main | 『海中密輸ルートを探れ』 >>
『第一阿房列車』
【内田百痢/慶文庫】

表紙が素敵だなぁ。
写真もそうだけど、デザイン的にも好き。色が。
はと可愛い。

年に一冊、百鬼園先生という感じですが、今回も小説ではなく紀行文。
一風変わっているのは、

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」

という一文から察せられるように、なんの用事もなくふらっと、汽車に乗りヒマラヤ山系くんを連れて汽車の旅をする先生。
前もって切符を買っておくのはわずらわしい、どこか観光するのはいや、みんなが行くようなところには行かない、そんな徹底した頑固さで先生流の旅は進行していきます。

頑固な先生とのらくらとした弟子の二人旅は、うらやましいほどのんびり。
旅行といえば、あっちもこっちもと行ってしまう私は、次の旅行からはどこにも行かないというのもありかもしれないな、と思ったり。
・・・でも行っちゃうんだよな。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK