日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『SPIRIT』 | main | 『学校怪談 1』 >>
『とりぱん 1』
【とりのなん子 講談社モーニングコミックス】

先日、新聞に書評(というほど大げさなものでもないが)が載っていて、気になったので読んでみました。

あ、ちなみに、新聞の書評を特に贔屓にはしていません。あくまで参考。
実際に読むところまでいく本は本当にまれです。

帯に
「ちょっと変わってて、少しクールで、割と背が高い、北の町に住んでるイトコからの手紙、そんなような漫画です」
と書いてあるのが上手いなぁと思います。
エッセイ漫画で、おもに庭にやってくる野鳥の観察が内容ですが、それは、作者の生活の中心がそれだから、という気もします。
なんだかとてもいとおしい気持ちになる漫画でした。
バードテーブル立てたくなります。
我が家にもあったのですが、風でなぎ倒されました・・・。
作者の住んでいるところ並には、自然にあふれてます。
アオゲラが本州以南にしかいないと書いてあって、ちょっと寂しい。
・・・アカゲラはいるんですよ。めったにお目にかかれませんけど。

モーニングはセンスがいいなぁ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK