日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『BLOOD+A 1・2』 | main | 『ワルキューレの雪騎行 シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓―』 >>
『アヒルと鴨のコインロッカー』
【伊坂幸太郎 創元推理文庫】

初っ端からなんですが、ネタバレしないと感想が書けないのでご了承ください。

東京から進学のために仙台に来た椎名が主人公の現代と、ペットショップ屋でアルバイトをしている琴美が主人公の二年前の話が交互に語られます。
エピソードの時間差を上手くつないでいく手法は、伊坂の定番と言えるかも。
徐々に琴美パートにて、何が起こったのかがわかるにつれ、椎名パートの“河崎”に違和感を感じてくるのは本当に上手い。
今まで読んだ伊坂作品の中では一番、哀しみとやり切れない思いが強い話しでした。
再三、因果応報が語られるのだけれど、結局はそれを願う登場人物たちの望みは叶うようで叶わない。
ペット殺しの犯人の一人は結局生き残り、琴美やドルジは死んでしまう。

「死ななくてもいい。せめて、歩けなくなればいいな」
と言うドルジの願いくらいは叶っていればいいな、と思う。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/878
TRACKBACK