日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『機動旅団八福神 1〜6』 | main | 『呉清源 極みの棋譜』 >>
『I LOVE YOU』
【伊坂幸太郎 他 祥伝社文庫】

タイトル、ちょっと直球すぎやしないか。
そんなことをちょっぴり思う、人気男性作家6人による恋愛小説アンソロジー。
恋愛小説が苦手なのですが、伊坂がいるので読んでみました。
アンソロは思いがけぬ拾い物があるので好きです。

「透明ポーラベア」 伊坂幸太郎

これを読んだ人は、これからの季節、暖房つけるたびに、姉のことを思い出すのかもしれません。
もしくは、寒くなれー寒くなれーとつぶやくかもしれない。
伊坂らしい、かわいくて切なくてあたたかい話し。

「魔法のボタン」 石田衣良

伊坂以外はみんな初めて読む人ばかり。
イメージ通り、上手い。
上手いけど感動は薄い。

「卒業写真」 市川拓司

『いま、会いに行きます』でひねりのきいた展開を用意してうまいこと感動させた市川拓司ですが(褒めてますよ。本は読んでないけど)、これも軽くひねりが入ってました。
そういう話し作りが好きな人なのかな。
主人公の女性の一人称が、ちょっと、歳の割りに若すぎるような気がしましたけど。
可愛い話しではありました。

「百瀬、こっちを向いて」 中田永一

6本の中で、無性に長く感じた。実際、二番目に長いのだけど。
モテない主人公の一人称なのだけど、これを読んで、『太陽の塔』(森見登美彦)は上手かったのだなァと、再評価したくなった。
普通はモテない主人公がネガティブに語ってたら、イラっとくるんだな、とわかりました。
もっと、評価すべきだったんだ。モリミーを。

「突き抜けろ」 中村航

これが一番おもしろかった。
全然知らない作家だったのだけど。
男の子は、だらだらと3、4人で集って酒飲んでるの好きだよな〜、とやっぱり『太陽の塔』を思い出したり、映画の『アイデン&ティティ』(最近DVDで観た)を思い出したりして読みました。
木戸さんがすごーく可愛い。『チルドレン』の陣内思い出した。

「Sidewalk Talk」 本多孝好

恋愛ものとしては、一番正統派だったような。
じみーだけど好きでした。
ま、恋愛もの読み慣れないから、なにをどう評価していいのかはいまいちわからないんですけど。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/956
TRACKBACK