日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『チーム・バチスタの栄光 上』 | main | 『名探偵木更津悠也』 >>
『チーム・バチスタの栄光 下』
【海堂尊 宝島社文庫】

私はこのミスをあてにしたこともなければ、このミス大賞を気にかけたこともなかったので、本書も全く期待感を持たず読んでいたのですが、いや、なんでも読んでみないとわからないものですねぇ。
毎回そう思いながらもついつい、読まず嫌いしてしまう。

上巻を読んだときはなにも上下にわけなくってもと思ったのですが、分けたことによって思わぬ効果があったように感じました。
田口の印象が、ずいぶんと変わったんですよねぇ。白鳥と会う前と会った後で。
そうか、これが白鳥の言うパッシヴ・フェーズとアクティブ・フェーズ?とすら思いました。
その辺の印象の変化も計算だとしたらすごいなぁ。

上巻のとき、田口だけでもけっこう優秀な印象があったので、はたしてここに変人の名探偵役という使い古された定番キャラを投入する必要はあるのだろうか、と危ぶんでいたのですが、白鳥というキャラは絶妙な相性ですね。田口と。
なんとなく、伊良部(奥田英朗の)めいたのが出てくるのを想定してたのですが、伊良部よりちゃんとしてる。
解説では、伊良部をさらに強烈にしたキャラ、あるいは上田次郎(トリックの)を苛烈にしたキャラと紹介されているけれど、破天荒ながらどこか地に足の着いた印象を受ける。
たぶん、最後の田口へあてた手紙の文面の印象がすごく強かったんだと思います。

ミステリ的にはひょっとしたら犯人像あたりに不満を覚える人もいるかもしれないですが、十分に面白い小説でした。
しかしこれ、シリーズとしては今後どうなってるんでしょうか。
田口の病院でそうそういつも事件が起こっては困るし。

映画はさて、どうなってるんでしょうね。
あのキャストは・・・どうなのかなぁ。桐生先生と鳴海先生義兄弟がすごい濃いキャストなんですけど・・・。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/971
TRACKBACK