日々読んだ本(漫画、映画、例外的にテレビドラマ)の感想を、
ネタバレあり、粗筋なしで書いています。
批評批判は目的ではなく、個人的な感想文です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『チーム・バチスタの栄光 下』 | main | 『<魔界刑事>凍らせ屋II』 >>
『名探偵木更津悠也』
【光文社文庫 麻耶雄嵩】

奥付が地味に誤植で気になる。
(摩耶になってる)
で、初出一覧を見て、「交換殺人」を実は以前に読んでいたことに気がつきました。
いやぁ、読んでいる間はぜんっぜん思い出さなかったなぁ。

タイトルを見ての通り、木更津&香月コンビの短編集です。
久しぶりの麻耶ですが、やっぱり好きだなぁ。
これほどワトソン役というものの既存イメージを逆手に取った設定もない。
ワトソン訳が、方向違いの意見で探偵の発想の転換を促すのが故意だったら、探偵よりも先に真相に行き当たっていたら、事件を誘導していたら・・・。
ミステリとしての内容どうのよりも、この探偵と助手の関係性にいちいち、うなる。
探偵と助手というものを記号的にしかとらえてなかったので、そういう使い方もあるのかぁと。

香月が読者を欺くわけではないのだけれど、従来のワトソン役のように読者にとって親しい距離にいるわけではなく、事件のかなり序盤で真相に至っていてそれでもなお、木更津の名探偵ぶりが見たいという理由で(解説によると名探偵萌えだから。なるほど)自ら真相を語ることは絶対にないという、いささか上から目線の立場で事件を語るのがすっごい嫌な感じで、好きです。

木更津はそんな腹黒に気づいていないのかと思えば、最後の最後でそこまで無能じゃないというところをにおわせてみたりする。
いったい木更津は香月のことをどう思っているのか考えると、かなり憂鬱な関係ですね。この人たち。

麻耶氏がこの先どんな探偵と助手を見せてくれるのか楽しみです。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://bluestacks.jugem.jp/trackback/972
TRACKBACK